タエニディア・インテゲリマ [Index] [Back]

Taenidia integerrima

Taenidia integerrima

アメリカとカナダの東部、ケベック州からオンタリオ州、ミネソタ州それに南へジョージア州およびテキサス州に分布しています。乾燥した高地のプレーリーやサバンナ、岩場ある林などに生え、高さは30〜90センチになります。葉はくすんだ緑色で、2出または3出複葉で、3〜5個の小葉があります。春の終わりから初夏にかけて、茎の先端の複散形花序に、小さな黄色い花を咲かせます。個々の花は3ミリより小さく、5個の花弁があります。また、花はついには5稜のある果実に変わります。 
セリ科タエニディア属の多年草で、学名は Taenidia integerrima。
英名は Yellow pimpernel。 
Yellow pimpernel (Taenidia integerrima) belongs to the Apiaceae (the Carrot family). It is a perrenial herb that is native to the eastern United States and Canada; from Quebec to Ontario to Minnesota south to Georgia and Texas. This herb grows in dry upland prairies, upland savannas, or rocky upland forests, and it can reach 30-90 cm in height. The leaves are dull green, double to triple compound in groups of 3 to 5 leaflets. The tiny yellow flowers bloom in compound umbels atop of the upper stems from late spring to early summer. Each flower is less than 3 mm across and has 5 yellow petals. It is eventually replaced by a 5-angled fruit. 
アメリカ・オハイオ州「コクス樹木園」にて、2016年05月22日撮影。
(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp