たがそでそう (誰袖草)

Cerastium pauciflorum var. amurense

Cerastium pauciflorum var. amurense

Cerastium pauciflorum var. amurense

わが国の本州、中部地方と朝鮮半島や中国東北部、モンゴル、シベ
リア、東ヨーロッパなどに分布しています。低山から亜高山帯のやや
湿った草地に生え、高さは30〜50センチになります。茎は直立し、
葉は卵状披針形から披針形で対生します。茎や葉には柔らかい毛
が生えています。5月から6月ごろ、茎の先の集散花序に白い花を
咲かせます。
ナデシコ科ミミナグサ属の多年草で、学名は Cerastium pauciflorum
var. amurense。英名はありません。
長野県松本市奈川「白樺峠」にて、2005年06月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp