たんなげんかいつつじ (耽羅玄海躑躅)

Rhododendron mucronulatum var. taquetii

Rhododendron mucronulatum var. taquetii

朝鮮半島南部の済州島が原産です。わが国の「ゲンカイツツジ(R.
mucronulatum var. ciliatum)」の近縁種で、高さは50センチほどにしか
なりません。葉は楕円形から披針形で、長さは7センチくらいです。3
月から4月ごろ、淡紅色から紅紫色の花を咲かせます。名前の「耽
羅」は、済州島の古い呼び名です。
ツツジ科ツツジ属の落葉低木で、学名は Rhododendron mucronulatum
var. taquetii。英名はありません。
[上] 神戸市灘区六甲山町「六甲高山植物園」にて、
2005年04月19日撮影。
[下] 同上にて、2004年04月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp