たかねはんしょうづる (高嶺半鐘蔓)

Clematis lasiandra

Clematis lasiandra

わが国の本州、近畿地方以西から四国・九州、それに台湾に分布し
ています。山地の林縁などに生え、蔓性で他の樹木などに絡みつき
ます。葉は2回3出複葉で、卵形の小葉には鋸歯があります。8月か
ら10月ごろ、葉腋からベル形の淡い紅紫色の花を咲かせます。果
実は痩果で羽毛状の毛が生えます。
キンポウゲ科センニンソウ属の落葉小低木で、学名は Clematis
lasiandra。英名はありません。
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2006年11月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp