たかねひかげのかずら (高嶺日陰の葛)

Lycopodium nikoense

Lycopodium nikoense

わが国の本州、中部地方以北の高山帯と屋久島の山頂付近に分布
しています。日当たりの良いところに群生します。茎(主軸)は地面を
這い、側枝は斜上します。小さな葉は放射状に並びます。「ヒカゲノカ
ズラ」に似ていますが、胞子嚢穂の柄が短いのが特徴です。
ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属の常緑シダ類で、学名は
Lycopodium nikoense。英名はありません。
長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、2004年07月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp