たかねいぶきぼうふう (高嶺伊吹防風)

Libanotis coreana var. alpicola

Libanotis coreana var. alpicola

Libanotis coreana var. alpicola

Libanotis coreana var. alpicola

わが国の固有種で、本州の中部地方北部、北アルプスに分布してい
ます。「イブキボウフウ」の高山型で、高山帯の砂礫地や草地に生
え、高さは10〜70センチになります。茎は太く、葉は2〜3回羽状複
葉で、小葉は細かく線状に分裂します。7月から8月ごろ、茎頂に直
径10センチほどの複散形花序をだし、小さな白い花を咲かせます。
セリ科イブキボウフウ属の多年草で、学名は Libanotis coreana var.
alpicola。英名はありません。
長野県白馬村北城「八方尾根」にて、2006年08月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp