たいま (大麻) [Index] [Back]

Cannabis sativa

Cannabis sativa

Cannabis sativa

Cannabis sativa

Cannabis sativa

Cannabis sativa

Cannabis sativa

Cannabis sativa

Cannabis sativa

Cannabis sativa

アジアの中・南部が原産だと考えられています。成長が早く、高さは2〜3メートルになります。葉は掌状複葉で、鋸歯のある小葉がふつう7個か9個つきます。雌雄異株です。花は夏に咲きます。雄花はふつう緩やかな円錐花序につき、雌花は総状花序につきます。これらは不完全花です。長い間、繊維用や種子油、薬用や気晴らしのための麻薬などに利用されてきました。葉や花にはテトラヒドロカンナビノールが含まれるため、わが国では原則的に栽培が禁止されています。
アサ科アサ属の一年草で、学名は Cannabis sativa。
英名は Cannabis、Hemp。
Cannabis (Cannabis sativa) belongs to the Cannabaceae (the Hemp family). It is an annual herb that is probably native to central and south Asia. This herb grows fast and can reach 2-3 m in height. The leaves are palmately compound with usually seven or nine serrate leaflets. It is dioecious. The flowers come in summer. The male flowers are normally borne on loose panicles, and the female flowers are borne on racemes, though they are imperfect flowers. Cannabis has long been used for fiber, for seed and seed oils, for medicinal purposes, and as a recreational drug. The leaves and flowers contain THC (tetrahydrocannabinol) and it is banned cultivating essentially in Japan.
[上・中1〜2] スペイン・バレンシア県プソルにて、
2011年05月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] 同上にて、2011年06月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4] 同上にて、2011年06月08日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5・中6] 同上にて、2011年06月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7] 同上にて、2011年06月24日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中8・下] 同上にて、2011年11月14日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp