たいとごめ (大唐米)

Sedum uniflorum ssp. oryzifolium

Sedum uniflorum ssp. oryzifolium

Sedum uniflorum ssp. oryzifolium

Sedum uniflorum ssp. oryzifolium

Sedum uniflorum ssp. oryzifolium

Sedum uniflorum ssp. oryzifolium

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州、奄美大島それに朝
鮮半島に分布しています。海岸の岩場や崖などに生え、高さは10セ
ンチほどになります。円柱状の葉は多肉質で、茎に密に互生します。
葉は冬期や乾燥したときには赤く変色します。5月から7月ごろ、黄
色い花を咲かせます。名前は、葉のかたちが11世紀ごろに渡来し
た、長粒種の大唐米に似ていることから。
ベンケイソウ科マンネングサ属の常緑多年草で、学名は Sedum
uniflorum ssp. oryzifolium。英名はありません。
"Taito-gome" (Sedum uniflorum ssp. oryzifolium) belongs to the
Crassulaceae (the Orpine family). It is an evergreen perennial herb that is
distributed westward from Kanto district of Honshu to Shikoku, Kyushu,
the Amami Islands of Japan and the Korean Peninsula. This herb grows in
coastal scrags or cliffs and can reach about 10 cm in height. The leaves are
columnar, succulent and densely alternate on the stems. They turn reddish
in winter or dry condition. The yellow flowers come in May to July.
[上・中1] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[中2・中3] 千葉県銚子市「犬吠埼」にて、2007年10月11日撮影。
[中4・下] 愛知県田原市日出町にて、2004年03月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp