たいわんつばき (台湾椿)

Gordonia axillaris

Gordonia axillaris

Gordonia axillaris

Gordonia axillaris

Gordonia axillaris

Gordonia axillaris

Gordonia axillaris

Gordonia axillaris

Gordonia axillaris

中国南部からインドシナ半島、それに台湾に分布しています。高さは15メートルくらいになります。葉は光沢のある濃緑色の楕円形で、わずかに鋸歯があります。10月から2月ごろ、真っ白な花を咲かせます。花は、ぽとりと落ちて雄しべを上に地面に並び、目玉焼きのカーペットのようになります。「はち」や「ちょう」の吸蜜源です。
ツバキ科タイワンツバキ属の常緑高木で、学名は Gordonia axillaris。
英名は Gordonia、Fried egg tree。
Gordonia (Gordonia axillaris) belongs to the family Theaceae (the Tea family). It is a tall evergreen tree that is native to southern China, the Indo-China Peninsula and Taiwan. This tree can reach about 15 m in height. The leaves are glossy, dark-green elliptic with slightly toothed edges. The pure white flowers bloom from October to February. They drop off and land on the ground with the stamens facing upwards, resembling a carpet of "fried eggs". It is a source of honey for bees and butterflies.
[上] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年11月05日撮影。
[中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。
[中2・中3] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年09月19日撮影。
[中4・中5] 同上にて、2009年11月15日撮影。
[中6〜7・下] 同上にて、2012年10月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp