たかな (高菜)

Brassica juncea var. integlifolia

Brassica juncea var. integlifolia

Brassica juncea var. integlifolia

Brassica juncea var. integlifolia

中国が原産で、「からしな」の変種です。わが国へは平安時代以前に
導入され、現在では西日本で広く栽培されています。また地方品種も
多く、三池高菜やカツオ菜、紫高菜、長崎高菜、筑後高菜、柳川高
菜などがあります。葉や茎は柔らかくて辛味があり、主に漬け物に利
用されます。写真中2・下は、「あかおおばたかな(赤大葉高菜)」。
アブラナ科アブラナ属の一年草で、学名は Brassica juncea var.
integlifolia。英名は Leaf mustard。
Leaf mustard belongs to Brassicaceae (Mustard family). It is an annual herb
that is native to China and a variety of leaf mustard (B. juncea var. cernua).
This herb was introduced into Japan before Heian Era (1,200 years ago),
and it is cultivated widely in west Japan nowadays. There are many local
varieties of leaf mustard. Its leaves and stems are soft and pungent, and are
used for mainly pickled vegetables.
[上・中1] 静岡県南伊豆町下賀茂にて、2007年02月16日撮影。
[中2] 大阪府枚方市招提元町にて、2006年12月11日撮影。
[下] 同上にて、2007年01月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp