たかねざくら (高嶺桜)

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

Prunus nipponica

わが国の本州、中部地方以北から北海道に分布しています。亜高山帯など「さくら」の中では最も標高の高いところに生えます。5月から7月ごろ、葉の展開と同時に、白色から淡紅色の花を下向きに咲かせます。花柄や萼に毛がないのが特徴です。果実は7月から8月に黒紫色に熟し、酸味があります。別名で「みねざくら(峰桜)」とも呼ばれます。
バラ科サクラ属の落葉高木で、学名は Prunus nipponica。
英名は Japanese alpine cherry。
The Japanese alpine cherry (Prunus nipponica) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a tall deciduous tree that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido. This tree is located highest above sea level, such as sub-alpine zone among Japanese cherries. The white to pale rose pink flowers bloom descending as soon as foliation from May to July. It is defined by hairless peduncles and calyx tubes. The fruits have an acid taste and ripen blackish purple from July to August.
[上・中1〜2] 群馬県片品村戸倉「尾瀬ヶ原」にて、
2012年06月10日撮影。
[中3] 群馬県片品村東小川にて、2012年06月09日撮影。
[中4] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2003年06月15日撮影。
[中5] 秋田県由利本庄市矢島町「竜ヶ原湿原」にて、
2005年07月18日撮影。
[中6・中7] 福島県磐梯町「磐梯山」にて、2012年06月23日撮影。
[中8・中9] 福島市土湯温泉町「浄土平」にて、
2013年07月20日撮影。
[中12〜中14] 同上にて、2014年05月31日撮影。
[中10・中11] 山梨県甲州市大和町「大蔵高丸」にて、
2014年05月24日撮影。
[中15・中16] 福島市土湯温泉町「家形山」にて、
2014年06月01日撮影。
[中17〜中20] 岩手県一関市「栗駒山」にて、
2015年06月20日撮影。
[中21〜中23] 群馬県片品村「至仏山」にて、
2015年07月04日撮影。
[中24・中25] 福島県檜枝岐村「燧ヶ岳」にて、
2015年09月27日撮影。
[中26・中27] 山形県小国町「岩魚沢」にて、2016年04月24日撮影。
[中28〜31・下] 山形県小国町大石沢にて、2016年05月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp