たけしまらん (竹縞蘭)

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

Streptopus streptopoides var. japonicus

わが国の本州、中部地方以北に分布しています。山地に生え、高さは15〜50センチになります。葉は卵状披針形です。6月から8月ごろ、葉腋から細い花柄を出して淡黄緑色の花を下垂して咲かせます。花被片は6個で先端が反り返ります。秋には、真っ赤な球形の液果をつけます。 
ユリ科タケシマラン属の多年草で、学名は Streptopus streptopoides var. japonicus。英名はありません。 
"Takeshima-ran" (Streptopus streptopoides var. japonicus) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is distributed northward from Chubu district of Honshu, Japan. This herb growss in mountains and can reach 15-50 cm in height. The leaves are ovate-lanceolate. The narrow peduncles are borne on the axiles and bloom pale yellowish green drooping flowers from June to August. The 6 tepals are recurving outside. The fruits are berries and ripen red in fall. 
[上・中1] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年06月02日撮影。
[中2] 長野県小谷村「栂池自然園」にて、2005年07月14日撮影。
[中3] 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷「西穂高岳」にて、
2007年08月01日撮影。
[中4] 岐阜県白川村飯島「三方岩岳」にて、2004年08月08日撮影。
[中5・中6] 福島県檜枝岐村「尾瀬沼」にて、2013年08月25日撮影。
[中7〜中9] 福島市町庭坂にて、2014年06月01日撮影。
[中10〜中13] 福島県檜枝岐村「燧ヶ岳」にて、
2014年09月20日撮影。
[中14〜15・下] 群馬県片品村「至仏山」にて、
2015月07月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp