たこのき (蛸の木)

Pandanus boninensis

Pandanus boninensis

Pandanus boninensis

Pandanus boninensis

わが国の小笠原諸島に分布しています。日当たりのよい乾燥地に生
え、高さは4〜12メートルになります。まばらに分枝して多くの気根を
出します。葉は細長い剣状でかたい革質、縁や裏面主脈状に棘があ
ります。初夏、枝先に肉穂花序をつけ、花を咲かせます。果実は黄
赤色に熟し、食べることができます。
タコノキ科タコノキ属の常緑小高木で、学名は Pandanus boninensis。
英名はありません。
'Takono-ki' (Pandanus boninensis) belongs to Pandanaceae (Screwpine
family). It is an evergreen small tree that is native to Ogasawara Islands of
Japan. This tree occurs sunny arid places and can reach 4-12 m in height. It
is sparingly branched and has many thick aerial roots. The leaves are
narrow ensiform, tough and leathery with spines on the edges and the
reverse side veins. Inconspicuous flowers come on the terminal spadix in
summer. The fruits ripen yellow-red and edible.
[上] 静岡県南伊豆町下賀茂「下賀茂熱帯植物園」にて、
2007年02月16日撮影。
[中1・中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年12月07日撮影。
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp