たかねこうりんか (高嶺高輪花)

Senecio takedanus

Senecio takedanus

わが国の固有種で、本州の奥志賀や湯の丸高原、北・南アルプスと
八ヶ岳に分布しています。亜高山帯から高山帯の草地や砂礫地に生
え、高さは10〜40センチになります。茎や葉は、真綿のような毛に
薄く被われます。7月下旬から8月ごろ、茎の先にオレンジ色の花を
咲かせます。舌状花は短くて平開しません。また総苞や長い苞は暗
紫色をしています。
キク科キオン属の多年草で、学名は Senecio takedanus。
英名はありません。
長野県茅野市北山「麦草ヒュッテ」にて、2005年07月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp