たまごのき (卵の木)

Spondias cytherea

Spondias cytherea

Spondias cytherea

Spondias cytherea

Spondias cytherea

Spondias cytherea

Spondias cytherea

Spondias cytherea

Spondias cytherea

Spondias cytherea

Spondias cytherea

Spondias cytherea

マレー半島が原産です。高さは20メートルほどになります。葉は奇数羽状複葉で互生し、小葉は披針形をしています。7月から8月ごろ、大きな円錐花序に白い花を咲かせます。果実は卵形から倒卵形で、1月から4月ごろ黄色に熟します。繊維状の果肉があり、食用にされます。 
ウルシ科スポンディアス属の落葉高木で、学名は Spondias cytherea (syn. Spondias dulcis)。英名は Golden apple、Hog plum、Ambarella。 
Golden apple (Spondias cytherea) belongs to the Anacardiaceae (the Sumac family). It is a tall deciduous tree that is native to the Malay Peninsula. This tree can reach about 20 m in height. The leaves are alternate, impari-pinnate compound with lancelate leaflets. The white flowers bloom in large panicles from July to August. The fruits are ovate to obovate, and ripen yellow from January to April. The fleshes of fruits are fibrous and used as food. 
[上・中1〜2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年10月05日撮影。
[中3〜中5] 同上にて、2004年07月13日撮影。
[中6〜中8] 同上にて、2003年08月01日撮影。
[中9〜10・下] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年11月05日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp