タマリロ (木立トマト) [Index] [Back]

Solanum betaceum

Solanum betaceum

Solanum betaceum

Solanum betaceum

Solanum betaceum

Solanum betaceum

ペルーのアンデス山脈周辺が原産です。南アメリカでは、広く栽培されたり、帰化しています。成長が早く、高さは5メートル以上になります。幹はふつう直立した単幹で、枝が横にでます。葉は大きな心形で、薄く、柔らかな毛が生え、葉先は尖っています。ふつう夏の終わりから秋にかけて、淡いピンク色またはふじ色の花を、枝先に近いところの緩やかな花序に咲かせます。果実は卵形で長さ5〜10センチ、濃紫色や朱赤色、橙色、黄色で、食用になります。別名で「ツリートマト」とか「きだちトマト(木立トマト)」と呼ばれます。
ナス科ナス属の常緑低木で、学名は Solanum betaceum。
英名は Tamarillo。
Tamarillo (Solanum betaceum) belongs to the Solanaceae family (the Nightshade family). It is a small evergreen tree that is native to the Andes of Peru. It is cultivated and naturalized widely in South America. This tree is fast-growing and can reach up to 5 m in height. The trunk is usually single upright with lateral branches. The leaves are large heart-shaped, thin, with softly hairs and acute tips. The pale pink or lavender flowers bloom in the loose clusters near the branch tips from late summer to fall. The fruits are egg-shaped, 5-10 cm long, deep purple, blood red, orange or yellow, and edible.
[上] 千葉県香取市大角にて、2013年08月08日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2013年06月25日撮影。
[中3] 同上にて、2013年08月22日撮影。
[中4] 同上にて、2013年09月17日撮影。
[下] 同上にて、2013年10月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp