たまみくり (玉実栗)

Sparganium glomeratum

Sparganium glomeratum

わが国の本州、中部地方以北から北海道それに北半球の寒冷地に
広く分布しています。山地から亜高山帯の湿地に生え、高さは40〜
60センチになります。茎は円柱状で直立し、葉は広い線形で互生し
ます。7月から8月ごろ、茎の上部に雄性花序を1〜2個、そのすぐ
下に雌性花序を3〜4個つけます。名前は、小さな球形の集合果を
「クリ」のいがに見立てたもの。
ミクリ科ミクリ属の多年草で、学名は Sparganium glomeratum。
英名は Clustered bur-reed。
長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、2005年07月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp