たまねぎ (玉葱)

Allium cepa

Allium cepa

Allium cepa

Allium cepa

Allium cepa

Allium cepa

Allium cepa

Allium cepa

Allium cepa

中央アジアの山岳地帯が原産と推定されています。古代エジプトでも
すでに栽培されていました。わが国へは江戸時代に渡来しています
が、本格的に栽培が始まったのは明治時代になってからです。春か
ら肥大し始め、夏には球形となる鱗茎を食用にします。品種としては
東ヨーロッパ系の辛たまねぎと、南ヨーロッパ系の甘たまねぎに分け
られますが、わが国で栽培されているのはほとんど辛たまねぎです。
ユリ科ネギ属の多年草で、学名は Allium cepa。
英名は Onion。
Onion belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is
probably native to the mountain rainge of Central Asia. This herb was
cultivated in Ancient Egypt. It was introduced into Japan in Edo Era (250
years ago), and got down to cultivate in Meiji Era. The bulbs start to grow
thickening from spring and will be globose in summer. They are used for
foods. The varieties can be divided into two breeds, bitter onion group
from East Europe and sweet onion group from South Europe. They are
almost bitter onions which are cultivated in Japan.
[上] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年02月24日撮影。
[中1] 同上にて、2007年04月04日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2007年05月16日撮影。
[中4] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年05月23日撮影。
[中5・中6] 茨城県神栖市太田新町にて、2011年05月08日撮影。
[中7] 千葉県香取市大角にて、2011年06月05日撮影。
[下] 千葉県東庄町笹川にて、2012年05月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp