たまつづり (玉綴り)

Sedum morganianum

Sedum morganianum

メキシコ南部からホンジュラスが原産です。茎は下垂し、長さは1.2
メートルほどになります。紡錘形の葉は多肉質で、粉白を帯びた緑
色をしていて、翡翠の曲玉をつなげたように見えます。夏に、小さな
淡いピンクから濃い紅紫色の花を咲かせます。別名で「タマスダレ
(玉簾)」とも呼ばれます。
ベンケイソウ科マンネングサ属の常緑多年草で、学名は Sedum
morganianum。英名は Donkey tail, Burro tail。
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2003年01月05日撮影。
[下] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp