たちばなもどき (橘擬)

Pyracantha angustifolia

Pyracantha angustifolia

Pyracantha angustifolia

Pyracantha angustifolia

Pyracantha angustifolia

Pyracantha angustifolia

Pyracantha angustifolia

中国が原産です。わが国には明治時代に渡来しました。高さは2〜
4メートルになり、葉は狭長楕円形から狭倒卵形で、互生または枝先
に束生します。5月から6月ごろ、葉腋から散房花序をだし、白い花
を咲かせます。果実は平たい球形で橙黄色に熟し、先端に萼片が残
ります。
バラ科トキワサンザシ属の常緑低木で、学名は Pyracantha
angustifolia。英名は Narrowleaf firethorn。
Narrowleaf firethorn (Pyracantha angustifolia) belongs to the Rosaceae (the
Rose family). It is a small evergreen tree that is native to China. It was
introduced into Japan in Meiji Era (about 120 years ago). It can reach 2-4
m in height. The leaves are narrow oblong to narrow obovate and alternate
or clumping at the terminal branches. The corymbs are borne on the axils
and bloom white flowers from May to June. The fruits are compressed
round and ripen in yellowish-orange, and remain sepals at tips.
[上・中1] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 長野県岡谷市湊「諏訪湖岸」にて、2001年10月21日撮影。
[中3・中4] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2007年10月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] 千葉県銚子市「桜井町公園」にて、2009年09月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp