たいわんもくげんじ (台湾木欒子) [Index] [Back]

Koelreuteria henryi

Koelreuteria henryi

Koelreuteria henryi

Koelreuteria henryi

Koelreuteria henryi

Koelreuteria henryi

Koelreuteria henryi

Koelreuteria henryi

Koelreuteria henryi

台湾の固有種です。照葉樹林に生え、高さは15メートル以上になります。葉は奇数羽状複葉で互生し、長楕円形から卵形の小葉が9〜13個つきます。秋、枝先に長さ30〜60センチの大きな円錐花序をだし、黄色い花を咲かせます。果実は刮ハで、濃いピンク色に色づきます。膨らんだ浮き袋のようなかたちをしています。わが国では、沖縄県に1980年代に緑化植物として導入され、街路樹などに利用されています。
ムクロジ科モクゲンジ属の落葉高木で、学名は Koelreuteria henryi。
英名は Flamegold、Flame golden-rain tree。
The Flamegold (Koelreuteria henryi) belongs to the family Sapindaceae (the Soapberry family). It is a tall deciduous tree that is endemic to Taiwan. This tree grows in evergreen broadleaf forests and can reach up to 15 m in height. The leaves are alternate and odd-pinnate with 9-13 oblong to ovate leaflets. The large panicles; 30-60 cm long are borne on the terminal branches and the yellowish flowers bloom in fall. The fruits are capsules, rose-colored and inflated bladder-like.
[上・中1〜4] 愛知県安城市「デンパーク」にて、
2007年11月02日撮影。
[中5・中6] アメリカ・カリフォルニア州「バルボア公園」にて、
2007年10月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7・下] ギリシャ・アテネ「アクロポリス」にて、
2014年09月25日撮影。(photo by Jon Suehiro。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp