タモパンがき (大麿盤柿)

Diospyros kaki cv. Tamopan

Diospyros kaki cv. Tamopan

Diospyros kaki cv. Tamopan

Diospyros kaki cv. Tamopan

Diospyros kaki cv. Tamopan

「かきのき」の一品種で、中国北東部の河北省が産地です。わが国ではほとんど見かけませんが、アメリカには1905年に導入され、かなり栽培されているようです。高さは4.5〜9メートルほどになります。果実は直径は7.5〜12.5センチで、いくぶん4稜があり、真ん中から基部に近いところに輪状の括れがあるのが特徴です。上部はドングリのようなかたちをしています。若いうちは渋柿ですが、11月ごろに完熟すると甘くなります。 
カキノキ科カキノキ属の落葉高木で、学名は Diospyros kaki cv. Tamopan。英名は Tamopan persimmon。 
Tamopan persimmon (Diospyros kaki cv. Tamopan) belongs to the Ebenaceae (the Ebony family). It is a tall deciduous tree that is native to Hebei in north-eastern China. It is little seen in Japan, though it was introduced in the United States and nowadays it is cultivated fairly commonly. This tree can reach 4.5-9 m in height. The fruits are 7.5-12.5 cm across, quadrangular and narrow in the middle to base. The upper part of fruit likes an acorn. The fruis are astringent when young, though sweeten when ripen in November. 
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] 同上にて、2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp