たぬきじそ (狸紫蘇) [Index] [Back]

Galeopsis tetrahit

Galeopsis tetrahit

ヨーロッパからアジア北西部に分布しています。明るい森や荒野、道端、放棄地などに生え、高さは30〜60センチになります。茎は4稜があり、剛毛に被われています。葉は披針形から広卵形で先端が尖り、鋸歯があります。7月から10月ごろ、淡い桃紫色で濃色の模様のある花を咲かせます。
シソ科チシマオドリコソウ属の一年草で、学名は Galeopsis tetrahit。
英名は Common hemp-nettle。
Common hemp-nettle (Galeopsis tetrahit) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is an annual herb that is native to Europe and northwestern Asia. This herb grows in open woods, heaths, paths and waste places, and can reach 30-60 cm in height. The stem is square and covered with rough hairs. The leaves are lanceolate to broadly ovate, pointed, and toothed. The pale pinkish-purple with darker markings flowers bloom from July to October.
[上] クロアチア・プリトヴィッチェ「湖群国立公園」にて、
2012年04月29日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[下] 同上にて、2012年04月30日撮影。(photo by Aya Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp