たかねおみなえし (高嶺女郎花)

Patrinia sibirica

Patrinia sibirica

Patrinia sibirica

わが国の北海道や千島列島、中国やモンゴル、シベリアに分布して
います。高山帯の礫地や草地などに生え、高さは5〜15センチにな
ります。葉はさじ形で羽状に深裂し、根生します。7月から8月ごろ、
茎の先に集散花序をつけ、黄色い花をたくさん咲かせます。花冠の
先端は5裂し、平開します。別名で「チシマキンレイカ(千島金鈴花)」
とも呼ばれます。
オミナエシ科オミナエシ属の多年草で、学名は Patrinia sibirica。
英名はありません。
[上・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年08月11日撮影。
[中] 同上にて、2005年08月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp