たかねしおがま (高嶺塩竃) [Index] [Back]

Pedicularis verticillata

Pedicularis verticillata

Pedicularis verticillata

Pedicularis verticillata

Pedicularis verticillata

わが国の本州、中部地方および北海道、それに周極地方に広く分布しています。高山帯の砂礫地や湿地に生え、高さは5〜20センチになります。根生葉は披針形で羽状に深裂し、茎葉は3〜4個が輪生します。7月から9月ごろ、茎頂に穂状花序をだし、紅紫色から白色の花を咲かせます。
ゴマノハグサ科シオガマギク属の一年草で、学名は Pedicularis verticillata。英名は Verticillate lousewort。
Verticillate lousewort belongs to Scrophulariaceae (the Figwort family). It is an annual herb that is distributed to Chubu district of Honshu and Hokkaido of Japan, and circumpolar. This herb grows in alpine screes or bogs and can reach 5-20 cm in height. The basal leaves are lanceolate and pinnatifid, the cauline leaves are 3-4 whorled. The spike is borne on the stem apices and blooms purplish-red to white flowers from June to September.
[上・中1〜2] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ
高山植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] スイス・ベルン州・メンリッヒェンにて、2009年07月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2007年07月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp