たかのはすすき(鷹の羽薄)

Miscanthus sinensis cv. Zebrinus

Miscanthus sinensis cv. Zebrinus

Miscanthus sinensis cv. Zebrinus

Miscanthus sinensis cv. Zebrinus

Miscanthus sinensis cv. Zebrinus

Miscanthus sinensis cv. Zebrinus

Miscanthus sinensis cv. Zebrinus

Miscanthus sinensis cv. Zebrinus

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、東アジアに広く分布している「すすき」の園芸品種です。高さは1〜2メートルになり、長線形の葉が叢生します。葉に黄みがかった白い斑が入るのが特徴です。別名で「やはずすすき(矢筈薄)」とも呼ばれます。 
イネ科ススキ属の多年草で、学名は Miscanthus sinensis cv. Zebrinus。英名は Zebra grass。 
Zebra grass (Miscanthus sinensis cv. Zebrinus) belongs to the Poaceae (the Grass family). It is a perennial herb that is a cultivar of Eulalia. Euralia is distributed widely throughout, the Korean Peninsula, China and East Asia. This herb can reach 1-2 m in height, and the long-linear leaves are crowded. Zebra grass is defined by the yellowish white cross bands. 
[上・中1] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年06月08日撮影。
[中2] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 千葉県香取市「佐原水生植物園」にて、
2008年06月13日撮影。
[中4〜6・下] 福島県須賀川市勢至堂にて、2016年09月11日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp