たちふうろ (立風露)

Geranium krameri

Geranium krameri

Geranium krameri

わが国の本州、中部地方以北および四国・九州に分布しています。
山地の草原に生え、高さは60センチほどになります。茎は直立して
よく分枝し、葉は掌状に深く5〜7裂します。茎や葉柄、花柄には下
向きの毛が生えます。7月から9月ごろ、淡い紅紫色の花を咲かせ
ますが、濃い色の筋が目立ちます。
フウロソウ科フウロソウ属の多年草で、学名は Geranium krameri。
英名はありません。
'Tachi-fuuro' (Geranium krameri) belongs to Geraniaceae (Geranium
family). It is a perennial herb that is distributed northward from Chubu
district of Honshu, Shikoku and Kyushu. This herb occurs in montane
grasslands and can reach about 60 cm in height. The stem is erect and
much branched. The leaves are divided into 5-7 lobes palmately. The
descending hairs are borne on the stems, petioles and peduncles. The pale
magenta flowers come in July through September. They have distinctive
dark magenta stripes.
[上・中] 岐阜県郡上市高鷲町「ひるがの湿原植物園」にて、
2007年09月07日撮影。
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2003年08月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp