たちかめばそう (立ち亀葉草) [Index] [Back]

Trigonotis guilielmi

Trigonotis guilielmi

Trigonotis guilielmi

Trigonotis guilielmi

Trigonotis guilielmi

Trigonotis guilielmi

Trigonotis guilielmi

わが国の北海道から本州、それに朝鮮半島に分布しています。山地の渓流沿いなどの湿った場所に生え、高さは20〜40センチになります。葉は卵形から広卵形で、全縁です。5月から6月ごろ、茎頂に総状花序をだし、白色から淡いうす紫色の花を咲かせます。和名は、葉がカメの甲羅に似ていることから。
ムラサキ科キュウリグサ属の多年草で、学名は Trigonotis guilielmi。英名はありません。
"Tachi-kameba-so" (Trigonotis guilielmi) belongs to the Boraginaceae (the Borage family). It is a perennial herb that is native to Hokkaido, Honshu of Japan and the Korean Peninsula. This herb grows in wet places along montaine streams and can reach 20-40 cm in height. The leaves are ovate to broad ovate and entire. The racemes are borne on the stem apices and bloom white to pale lilac flowers from May to June.
[上・中1〜4] 長野県軽井沢町長倉にて、2009年05月23日撮影。
[中5・下] 群馬県片品村戸倉「川上川」にて、2015年07月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp