たかさごゆり (高砂百合)

Lilium formosanum

Lilium formosanum

Lilium formosanum

Lilium formosanum

Lilium formosanum

Lilium formosanum

Lilium formosanum

Lilium formosanum

Lilium formosanum

台湾が原産です。低地から高地まで分布し、高さは30〜200センチほどになります。わが国へは大正時代の終わり頃に導入され、繁殖力が強いため、いまでは各地に帰化しています。そのため、最もふつうに見ることのできる「ゆり」となっています。また「てっぽうゆり」との種間交雑種である「しんてっぽうゆり」も野生化し、両種の中間的な形質をもった個体も多く、同定が困難な状況です。8月から9月ごろ、花被片の外側に赤紫色の筋のある白い花を咲かせます。
ユリ科ユリ属の多年草で、学名は Lilium formosanum。
英名は Formosa lily、Taiwan lily。
Formosa lily belongs to Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to Taiwan. This herb grows in lowlands to highlands and can reach 30-200 cm in height. It was introduced into Japan in the late Taisho Era (about 90 years ago), and nowadays naturalized in so many places. The white flowers come in August and September. The tepals have magenta stripes on the outside.
[上・中1] 岐阜県中津川市神坂にて、2007年09月06日撮影。
[中2] 岡山県美咲町大谷山にて、2004年08月25日撮影。
[中3] 大阪府四条畷市清滝「清滝峠」にて、2005年08月22日撮影。
[中4・中5] 千葉県東庄町笹川にて、2010年08月19日撮影。
[中6〜7・下] 千葉県香取市府馬にて、2011年08月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp