ティーツリー [Index] [Back]

Melaleuca alternifolia

Melaleuca alternifolia

オーストラリアの東部、クイーンズランド州からニューサウスウェールズ州に分布しています。河岸や低湿地などに生え、高さは7メートルほどになります。樹皮は紙状に剥離します。葉は線形で不規則につきます。春に花序をだし、小さな白い花をいっぱい咲かせます。この樹木には芳香油が含まれ、ティーツリーオイルの商業生産には最も重要な種類となっています。
フトモモ科カユプテ属の常緑小高木で、学名は Melaleuca alternifolia。
英名は Tea tree, Narrow-leaved paperbark。
Tea tree belongs to Myrtaceae (Myrtle family). It is an evergreen semi-tall tree that is native to eastern Australia; from Queensland south to New South Wales. This tree ocuurs in stream banks or swampy flats and can reach about 7 m in height. The bark is papery. The leaves are linear and irregularly arranged. The many-flowered spikes are born and bloom small white flowers in spring. It has essential oils. It is the most important species for commercial production of Tea tree oil.
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2007年06月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp