テコマンテ・ウェヌスタ [Index] [Back]

Tecomanthe venusta

Tecomanthe venusta

Tecomanthe venusta

ニューギニアが原産です。標高500〜1500メートルの熱帯雨林に生え、蔓性で15メートル以上の長さになります。春から夏にかけて、古い枝から花序をだし、濃いピンク色の筒状花を咲かせます。花冠の内側は、淡いクリーム色です。
ノウゼンカズラ科テコマンテ属の常緑小低木で、学名は Tecomanthe venusta。英名はありません。
Tecomanthe venusta belongs to Bignoniaceae (Trumpet creeper family). It is an evergreen shrub that is native to New Guinea. This tree is a climbing vine and occurs in tropical rainforests at 500-1500 m elevation. This vine can reach up to 15 m long. The inflorescences are borne on the old branches and bloom the deep pink tubular flowers in spring to summer. The inside of corolla is pale creamy.
[上・中] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年03月26日撮影。
[下] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp