テコフィラエア・ウィオリフローラ

Tecophilaea violiflora

Tecophilaea violiflora

南アメリカのペルーからチリ、ブラジルに分布しています。葉は線形
で長さは20センチほどあり、1個だけが根生します。4月ごろ、花茎
を伸ばして青紫色の花を1〜2個咲かせます。花後、種子をつけると
地上部は枯死し、秋まで休眠します。名前は、19世紀初めのイタリ
アの植物画家、テコフィラ・コラ・ビロッティ(Tecophila Colla-Billoti)に因
みます。
テコフィラエア科テコフィラエア属の多年草で、学名は Tecophilaea
violiflora。英名はありません。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年12月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp