てしおこざくら (天塩小桜)

Primula takedana

Primula takedana

Primula takedana

Primula takedana

Primula takedana

わが国の固有種です。北海道の天塩川・問寒別川流域に分布しています。蛇紋岩や石灰岩地帯に生え、高さは10〜15センチになります。葉は根生し、掌状に浅裂しています。5月から6月ごろ、白い花を咲かせます。花冠の咽に黄色い斑がありません。 
サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、学名は Primula takedana。英名はありません。 
"Teshio-kozakura" (Primula takedana) belongs to the Primulaceae (the Primrose family). It is a perennial herb that is an endemic species of Japan, and distributed in the Teshio-gawa River and the Toikanbetsu-gawa River basin in Hokkaido. This herb grows in serpentinite and limestone areas, and up to a height of 10-15 cm. The leaves are basal and lobed in palmately. The white flowers will bloom from May to June. There is no yellow spot on the throat of the corolla. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年01月25日撮影。
[中2] 同上にて、2005年08月03日撮影。
[中3・下] 同上にて、2017年09月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp