てんにんぎく (天人菊)

Gaillardia pulchella

Gaillardia pulchella

Gaillardia pulchella

Gaillardia pulchella

Gaillardia pulchella

Gaillardia pulchella

Gaillardia pulchella

Gaillardia pulchella

Gaillardia pulchella

Gaillardia pulchella

Gaillardia pulchella

Gaillardia pulchella

北アメリカの東部から南部、それに中央アメリカにかけて分布しています。わが国へは明治時代に渡来しました。草原や道ばたなどに生え、高さは20〜40センチになります。下部の葉は浅裂し、上部のそれは披針形です。6月から7月ごろ、分枝した枝先に頭花を咲かせます。舌状花は先が黄色く中心がオレンジ色の覆輪です。寒さには強く、秋まで咲き続けます。 
キク科テンニンギク属の多年草で、学名は Gaillardia pulchella。英名は Blanket flower、Indian blanket。
Blanket flower (Gaillardia pulchella) belongs to the Asterceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to eastern and southern North America and Central America. It was introduced into Japan in the Meiji Era (about 130 years ago). This herb grows in grasslands and along road sides, and up to a height of 20-40 cm. The lower leaves are lobed and the upper leaves are lanceolate. The flower heads bloom atop of branched stems from June to July. The ray flowers are orange and yellow marginal variegation. This herb is strong against the cold, and it continues to bloom until fall.
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年05月13日撮影。
[中2] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] アメリカ・テキサス州「イーグルキャニオン」にて、2001年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4・中5] 同上にて、2001年05月13日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中6・中7] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・中9] 名古屋市港区「ブルーボネット」にて、2017年08月03日撮影。
[中10・下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2017年09月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp