てっぽううり (鉄砲瓜) [Index] [Back]

Ecballium elaterium

Ecballium elaterium

Ecballium elaterium

Ecballium elaterium

Ecballium elaterium

Ecballium elaterium

ヨーロッパから北アフリカ、そして温帯アジアに分布しています。荒れ地や道ばたなどに生え、高さは25〜30センチになります。また地面に伏せるように成長し、80〜100センチに広がります。全体に粗い毛が密生しています。葉は互生し、三角状心形で多肉質、縁は波状に縮れます。3月から11月ごろ、黄色く5裂した花を咲かせます。果実は長楕円形で、黄色く熟します。名前は、果実が熟して柄から離れる時,柄のとれた穴から種子の入ったネバネバの液を射出する性質があるところから。植物体、とくに果実にはククルビタシンE(Cucurbitacin E)が含まれ、有毒です。 
ウリ科エクバリウム属の多年草で、学名は Ecballium elaterium。
英名は Squirting cucumber、Exploding cucumber。 
The Squirting cucumber (Ecballium elaterium) belongs to the family Cucurbitaceae (the Gourd family). It is a perennial herb that is native to Europe, northern Africa, and temperate areas of Asia. This herb grows in wastelands and roadsides and it can reach 25-30 cm in height. It is also prostrate and spreads up to 80-100 cm long on the ground. The whole plant is covered with dense rough hairs. The leaves are alternate, deltoidal-cordate, carnose with wavy edges. The yellow, five partite flowers bloom from March to November. The fruits are oblong and ripen yellow. Its common name is derived from the fact that, when ripe, it squirts a stream of mucilaginous liquid containing its seeds. This plant, and especially its fruit, is poisonous, containing cucurbitacins. 
[上・中1] トルコ・トルコ遺跡にて、2014年09月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] トルコ・ミレトスにて、2014年09月19日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中4・下] トルコ・アフロディシアス遺跡にて、2014年09月20日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp