テトラネマ・ロセウム

Tetranema roseum

Tetranema roseum

Tetranema roseum

Tetranema roseum cv. Alba

Tetranema roseum cv. Alba

メキシコからグアテマラに分布しています。標高1200メートル以上
の湿り気のある日陰に生え、高さは30センチほどになります。葉は
濃い緑色で革質、倒卵形をしています。夏に、ふじ色から紫色、薄紫
色のトランペット形の花を咲かせます。花冠は、先端が5裂していま
す。別名で「メキシカンフォックスグローブ」と呼ばれます。写真中3・
下は園芸品種の「アルバ(cv. Alba)」。
ゴマノハグサ科テトラネマ属の多年草で、学名は Tetranema roseum。
英名は Mexican violet, Mexican foxglove。
Mexican violet (Tetranema roseum) belongs to Scrophulariaceae (the
Figwort family). It is a perennial evergreen herb that is native to Mexico
and Guatemala. It grows under moist, shady circumstances, up to 1200 m
elevation and can reach about 30 cm in height. The leaves are dark green,
leathery and obovate. The mauve, violet or lilac trumpet-shaped flowers
bloom in summer. The corolla has quintuple-lobate at the tips. It is also
called "Mexican foxglove". The lower two photos are a cultivar "Alba".
[上・中1] 静岡県浜松市「浜松市フラワーパーク」にて、
2004年02月01日撮影。
[中2] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2009年02月21日撮影。
[中3・下] 京都府左京区「京都府立植物園」にて、
2003年01月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp