てつかえで (鉄楓)

Acer nipponicum

Acer nipponicum

Acer nipponicum

Acer nipponicum

Acer nipponicum

Acer nipponicum

Acer nipponicum

わが国の本州、秋田・岩手県以南から四国、九州に分布していま
す。山地に生え、高さは15メートルほどになります。葉は「かえで」の
なかでは最も大きくて15センチくらいあり、対生します。5裂した葉の
表面は縮緬状で、裏面とともに短い毛が生えています。6月から7月
ごろ、細長い円錐花序を下垂させ、淡黄色の花を咲かせます。名前
は、幹が鉄のように堅いことから。
カエデ科カエデ属の落葉高木で、学名は Acer nipponicum。
英名はありません。
"Tetsu-kaede" (Acer nipponicum) belongs to Aceraceae (the Maple
family). It is a tall deciduous tree that is distributed southward from Akita
and Iwate Prefectures on Honshu to Shikoku and Kyushu. This tree grows
in mountainous areas and can reach about 15 m in height. The opposite
leaves are the largest in the Maple family, about 15 cm across. They are
palmately divided into 5 lobes with wrinkled surfaces. Short hairs are borne
on both surfaces of the leaf blade. Long, thin panicles droop down and
produce pale yellow flowers from June to July. (edit by Greg Brockelbank)
[上・中1・下] 山形県小国町小玉川「温身平」にて、
2008年07月12日撮影。
[中2・中5] 長野県木島平村「北ドブ湿原」にて、
2003年07月20日撮影。
[中3・中4] 長野県小谷村「栂の森遊歩道」にて、
2005年07月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp