テキサスマウンテンローレル

Sophora secundiflora

Sophora secundiflora

Sophora secundiflora

Sophora secundiflora

Sophora secundiflora

Sophora secundiflora

Sophora secundiflora

Sophora secundiflora

Sophora secundiflora

アメリカ・テキサス州の中南部からニューメキシコ州それにメキシコ北部に分布しています。石灰岩質の土地に生え、高さは7.5メートルほどになります。成長は遅く単幹あるいは複幹です。葉は奇数羽状複葉で光沢のある革質です。3月から5月ごろ、総状花序にグレープジュースのような芳香がある藤色または紫色の蝶形花を咲かせます。この花や赤い果実にはアルカロイドが含まれ有毒です。
マメ科クララ属の常緑低木で、学名は Sophora secundiflora。
英名は Texas mountain laurel、Mescal bean。
Texas mountain laurel (Sophora secundiflora) belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is a small evergreen tree that is native to central and southern Texas, New Mexico and northern Mexico. This tree grows on calcareous soils and can reach about 7.5 m in height. It grows slowly and is single-trunked or much-trunked. The leaves are impari-pinnate, glossy and leathery. The flowers are bluish lavender or purple papilionacenous, grapefruit-scented, and bloom in racemes from March to May. The flowers and fruits contain poisonous alkaloids.
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2009年03月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] 同上にて、2008年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、
2004年03月20日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2004年03月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7・下] 同上にて、2016年04月04日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp