テキサスマドロナ [Index] [Back]

Arbutus xalapensis

Arbutus xalapensis

Arbutus xalapensis

Arbutus xalapensis

アメリカ南西部、テキサス州西部からニューメキシコ州、それにメキシコから中央アメリカ、ニカラグアにかけて分布しています。山地や渓谷などに生え、高さは6メートルほどになります。樹皮はピンク色から赤褐色で平滑、薄く剥離します。葉は卵形から長楕円形で、全縁または細かい鋸歯があります。3月に大きな円錐花序をだし、白色の壺形の花を咲かせます。果実は真っ赤な液果で、食べることができます。
ツツジ科アルブツス属の常緑低木で、学名は Arbutus xalapensis。
英名は Texas madrone。
Texas madrone (Arbutus xalapensis) belongs to Ericaceae (Azalea family). It is an evergreen small tree that is native to southwestern United States; western Texas and New Mexico, south through most of Mexico and Central America to Nicaragua. This tree occurs in canyons and mountains and can reach about 6 m in height. The bark is pink to reddish-brown, smooth and peeling. The leaves are ovate to oblong and entire to finery serrate margins. The large panicles are borne and bloom white urn-shaped flowers in March. The fruits are red berries and edible.
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2007年10月31日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2012年11月02日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp