テキサスパーシモン

Diospyros texana

Diospyros texana

Diospyros texana

Diospyros texana

Diospyros texana

アメリカの中南部、テキサス州中・南部からメキシコ北東部に分布し
ています。乾燥した高原や渓谷、明るい林内などに生え、高さは12
メートルほどになります。樹皮は淡い灰赤色、薄く滑らかで剥離しま
す。葉は倒卵形から長楕円形で厚く、縁は外側に巻きます。雌雄異
株で、春に小さな白い花を咲かせます。雄花は1〜3個集まってつ
き、雌花は単独です。果実は直径2センチほどの核果で、夏の終わ
りに黒く熟します。果肉は黒くて甘く食用になります。果実は黒色の
染料としても利用されてきました。
カキノキ科カキノキ属の落葉高木で、学名は Diospyros texana。
英名は Texas persimmon, Black persimmon, Mexican persimmon。
Texas persimmon (Diospyros texana) belongs to Ebenaceae (Ebony
family). It is a deciduous tall tree that is native to central-southern United
States; southward from central and southern Texas to northeastern
Mexico. This tree occurs in arid highlands, canyons or open woodlands
and can reach about 12 m in height. The bark is pale reddish-gray, smooth
and peels thinly. The leaves are obovate to oblong, thick and recurving
outside. It is dioecious and blooms small white flowers in spring. The male
flowers crowd 1-3 and the female flowers are solitary. The fruits are
drupes about 2 cm across. They are ripen in black in late summer. The
fruits are sweet and edible, and have been used as black dye.
[上・中1・下] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2007年11月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp