テキサスたんぽぽ (テキサス蒲公英) [Index] [Back]

Pyrrhopappus multicaulis

Pyrrhopappus multicaulis

Pyrrhopappus multicaulis

アメリカの中南部からメキシコ北・中部に分布しています。石灰岩地に生え、高さは15〜45センチになります。ほとんどの葉は基部に叢生します。葉は倒披針形で、縁は、全縁や鋸歯があるもの、羽状に分裂するものと多様です。3月から6月ごろ、直径2〜3センチの黄色い頭花を裂かせます。頭花の真ん中に、まき散らかしたような黒色から濃紫色の葯筒があるのが特徴です。
キク科ピロパップス属の一年草で、学名は Pyrrhopappus multicaulis。英名は Texas dandelion。
Texas dandelion belongs to Asteraceae (Aster family). It is an annual herb that is native to southcentral USA and northern and central Mexico. This herb occurs in calcareous soils and can reach 15-45 cm in height. Most of its leaves are crowded at the base. They are oblanceolate and varied margines, eitire, toothed or pinnately lobed. The yellow heads are 2-3 cm in diameter and borne in March to June. Texas dandelion is defined by the black to dark purple anther tubes scattered across the center of the heads.
[上・中] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」にて、2007年04月06日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[下] 同上にて、2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp