トラスピ・スティロスム [Index] [Back]

Thlaspi stylosum

Thlaspi stylosum

ヨーロッパアルブスの中・南部に分布しています。標高2000メートル以下の岩場や岩礫地に生え、マウンドを形成し、高さは3〜4センチになります。葉は楕円状さじ形で鋸歯はなく、ほとんどが根生のロゼットにつきます。4月から6月ごろ、ふじ色の葯のある紫色がかった花を咲かせます。
アブラナ科グンバイナズナ属の多年草で、学名は Thlaspi stylosum。
英名は Apennean pennycress。
Apennean pennycress (Thlaspi stylosum) belongs to the Brassiaceae (the Mustard family). It is a perennial herb that is native to Europe; central and southern Alps. This herb grows in rocks and screes, to 2000 m elevation, form mound, and can reach 3-4 cm in height. The leaves are elliptical-spoon-shaped, untoothed, and mostly in basal rosettes. The purplish flowers with violet anthers bloom from April to June.
スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月19日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp