ツンベルギア・ナタレンシス

Thunbergia natalensis

Thunbergia natalensis

南アフリカのケープ地方東部からクワズールー・ナタール、スワジラ
ンド、ジンバブエに分布しています。林縁の茂みや草地に生え、高さ
は1メートルほどになります。ここは夏の降雨地域のため、冬の乾季
には休眠します。木質の基部から細い茎をだし、卵形から楕円形の
葉は対生します。夏のあいだ、淡い青色から藤色の筒状花を咲かせ
ます。花冠の咽は黄白色です。種名は原産地のナタール地方に因
みます。
キツネノマゴ科ツンベルギア属の半常緑小低木で、学名は
Thunbergia natalensis。英名は Dwarf thunbergia。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年05月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp