ティムス・ロンギカウリス

Thymus longicaulis

Thymus longicaulis

Thymus longicaulis

Thymus longicaulis

ヨーロッパの地中海沿岸が原産です。匍匐して広がり、高さは15セ
ンチほどになります。春に、小さなピンク色の花を咲かせます。芳香
も爽やかで、「コモンタイム」よりも甘い香りがあります。「ロンギコーリ
スタイム」とも呼ばれ、耐暑性に優れるためにグランドカバーに利用
されています。
シソ科イブキジャコウソウ属の常緑小低木で、学名は Thymus
longicaulis。英名はありません。
Thymus longicaulis belongs to Lamiaceae (Mint family). It is an evergreen
shrub that is native to coastal areas of the Mediterranean. This herb is
sprawling and can reach about 15 cm in height. The tiny pink flowers come
in spring. The plant has brisk and sweet fragrance. It is used for ground
cover what with its hot tolerance.
[上・中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年04月28日撮影。
[中2・下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp