ティムス・プラエコクス

Thymus praecox

Thymus praecox

Thymus praecox

Thymus praecox

Thymus praecox

Thymus praecox

ヨーロッパの中部と南部、西部に分布しています。日当たりのよい山地の砂礫地や斜面に生え、高さは5〜30センチになります。葉は上部ほど大きく、披針形から円形で、細かい毛が生えています。5月から8月ごろ、球状の花序に小さな紫色の花を咲かせます。「タイム」の仲間です。 
シソ科イブキジャコウソウ属の常緑小低木で、学名は Thymus praecox。英名はありません。 
Thymus praecox belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is an evergreen shrub that is native to central, southern and western Europe. This shrub grows in the sunny montane gravel areas or slopes and it can reach 5-30 cm in height. The leaves are lanceolate to round and covered with fine hairs. The upper leaves are larger than lower ones. The spherical clusters are borne and bloom small purple flowers from May to August. This species is related to Thyme. 
[上・中1] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2002年07月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 同上にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] 同上にて、2008年06月18日撮影。(photo by Jouette Travis)
[下] イギリス・スコットランド・ベンカウワーズにて、
2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp