ちどりのき (千鳥の木)

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

Acer carpinifolium

わが国の本州、岩手県以南から四国・九州に分布しています。山地や沢沿いに生え、高さは6〜10メートルになります。一般的なカエデ属のように葉が掌状にならず、「さわしば(沢芝)」に似たふつうの形の葉が対生します。雌雄異株で、4月から5月ごろ、下垂した長い花序に淡い緑色の花を咲かせます。名前は、この花序のかたちを群れ飛ぶ千鳥に見立てたもの。別名で「やましばかえで(山柴楓)」とも呼ばれます。
カエデ科カエデ属の落葉高木で、学名は Acer carpinifolium。
英名は Hornbeam maple。
The Hornbeam maple (Acer carpinifolium) belongs to the Aceraceae (the Maple family). It is a tall deciduous tree that is distributed southward from Iwate prefecture of Honshu to Shikoku and Kyushu. This tree grows in mountains and along mountain streams, and can reach 6-10 m in height. The leaves are not palmately, "Sawa-shiba"-like broad ovate and arranged in opposite. It is dioecious. The pale green flowers bloom at the drooping long clusters from April to May.
[上・中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年04月28日撮影。
[中2] 同上にて、2006年01月12日撮影。
[中3・中4] 群馬県中之条町四万にて、2011年10月02日撮影。
[中5〜中7] 福島県矢祭町茗荷「八溝山」にて、
2013年10月12日撮影。
[中8〜中10] 福島県須賀川市「笠ヶ森山」にて、
2014年10月25日撮影。
[中11〜中13] 福島県伊達市「霊山」にて、2014年11月15日撮影。
[中14・下] 福島県古殿町「鎌倉岳」にて、2014年04月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp