ちどめぐさ (血止め草)

Hydrocotyle sibthorpioides

Hydrocotyle sibthorpioides

わが国の本州から四国・九州に分布しています。野原や道端の少し
湿ったところに生え、地面を這って広がります。葉は円形で、長い葉
柄があります。6月から9月ごろ、長い花柄を伸ばして、球形の花序
に小さな緑色の花を咲かせます。名前は、「ヒル」に咬まれたときや
怪我をしたときに貼ったことによります。
セリ科チドメグサ属の多年草で、学名は Hydrocotyle sibthorpioides。
英名は Water pennywort。
岐阜県高山市国府町宇津江にて、2005年06月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp