ちどりそう(千鳥草)

Consolida ajacis

Consolida ajacis

Consolida ajacis

Consolida ajacis

Consolida ajacis

Consolida ajacis

Consolida ajacis

Consolida ajacis

Consolida ajacis

Consolida ajacis

Consolida ajacis

ヨーロッパの南部が原産です。麦畑やトウモロコシ畑、湿り気のあるところなどに生え、茎は直立して高さが50〜100センチになります。葉は掌状に細く裂けます。6月から7月ごろ、茎の先の総状花序に青色や藤色、ローズピンク、白色などの花を咲かせます。名前は、「チドリ」の飛ぶ姿を思わせるところから。別名で「ひえんそう(飛燕草)」とも呼ばれます。
キンポウゲ科チドリソウ属の一年草で、学名は Consolida ajacis。
英名は Larkspur。
Larkspur (Consolida ajacis) belongs to the Ranunculaceae (the Buttercup family). It is an annual herb that is native to southrn Europe. This herb grows in barley field, cornfield or waste places and can reach 50-100 cm in height. The stem is errect and the leaves are divided into fine segments palmately. The apical raceme is borne and blooms blue to lavender, white flowers from June to July.
[上・中6] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年05月16日撮影。
[中1] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 同上にて、2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 長野県小諸市古城区にて、2006年07月09日撮影。
[中4] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2005年06月10日撮影。
[中5] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9] 同上にて、2008年03月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7・中8] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2009年03月29日撮影。
[下] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2010年07月11日撮影。(photo by Jouette Travis)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp