ちごゆり (稚児百合)

Disporum smilacinum

Disporum smilacinum

Disporum smilacinum

Disporum smilacinum

Disporum smilacinum

Disporum smilacinum

Disporum smilacinum

Disporum smilacinum

Disporum smilacinum

Disporum smilacinum

Disporum smilacinum

Disporum smilacinum

Disporum smilacinum

Disporum smilacinum

Disporum smilacinum

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島に分布しています。山地の林内に生え、高さは15〜30センチになります。葉は長楕円形で、4月から5月ごろ、小さな白い花を俯きかげんに咲かせます。名前は、花が稚児のように小さいことから。
ユリ科チゴユリ属の多年草で、学名は Disporum smilacinum。
英名はありません。
"Chigo-yuri" (Disporum smilacinum) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to Honshu, Shikoku, Kyushu of Japan and the Korean Peninsula. This herb grows in montane forests and can reach 15-30 cm in height. The small white flowers face downward and come in April to May.
[上・中1] 群馬県渋川市伊香保にて、2010年05月16日撮影。
[中2・中3] 奈良県五條市西吉野町「銀峰山」にて、
2006年04月30日撮影。
[中4] 岐阜県御嵩町古屋敷にて、2005年05月01日撮影。
[中5] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、
2005年05月15日撮影。
[中6] 長野県安曇野市穂高有明にて、2006年05月10日撮影。
[中7] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年04月28日撮影。
[中8] 群馬県嬬恋村門貝にて、2009年05月24日撮影。
[中9・中10] 千葉県香取市仁良にて、2012年04月24日撮影。
[中11・中12] 福島県川俣村「花塚山」にて、2014年05月17日撮影。
[中13・下] 福島県北塩原村「雄国山」にて、2014年06月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp