ちぢみざさ (縮み笹)

Oplismenus undulatifolius

Oplismenus undulatifolius

Oplismenus undulatifolius

Oplismenus undulatifolius

Oplismenus undulatifolius

Oplismenus undulatifolius

わが国の各地のほか旧世界の温帯から亜熱帯にも広く分布しています。林や道端などに生え、高さは10〜30センチになります。茎は細くて疎らに分枝し、下部は地面に這います。広披針形の葉は互生して、両面ともに長い毛が生えています。8月から10月ごろ、茎の先に総状花序をつけ、小さな花を咲かせます。種子は、動物の毛について散布されます。名前は、葉が「ささ」に似ていて、縁が「縮織(ちぢみ)」のようにうねっていることから。 
イネ科チヂミザサ属の多年草で、学名は Oplismenus undulatifolius。
英名は Wavyleaf basketgrass、Spicate armgrass。 
The wavyleaf basket grass (Oplismenus undulatifolius) belongs to the Poaceae (the Grass family). It is a perennial herb that is native to Japan, as well as widely the temperate zone and sub-toropical areas in the Old World. This grass grows in forests and on roadsides, and it can reach 10-30 cm in height. The stems are slender, sparse branched and the lower part of stems are crawling on the ground. The leaves are broad lanceolate, opposite and covered with long hairs on both sides. The small flowers bloom in racemes atop of stems from August to October. The seeds are disposed by adhering to the fur of animals. 
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年09月15日撮影。
[中1] 同上にて、2003年09月14日撮影。
[中2・中3] 山梨県上野原町「扇山」にて、2013年09月22日撮影。
[中4・下] 茨城県桜川市「筑波山」にて、2014年08月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp